鷲羽岳④(下山編)

    青空はなかったが好展望

鏡池で

2014/9/15 (月)


下山の日
明るくなって目が覚めると6時
今日は曇り空、風が冷たい

ゆっくりと朝食、今日もパンと味噌汁
いや、味噌汁はいけますぞ
テントを撤収して、ザックに
軽くはなっているはずだが、がさは増えてる?


本日の行程
 起床(6:00) 朝食・テント撤収
 双六小屋(7:25)-花見平(8:25)~弓折乗越(8:48)
 鏡平小屋(9:20)~鏡池(M)(9:22-9:52)
 シシウドヶ原(10:25)~イタドリヶ原(10:47)~チボ岩(11:05)
 秩父沢出合(11:15)~小池新道登山口(11:50)~わさび平小屋(L)(12:03-12:43)
 車止ゲート(13:38)~新穂高第一RW新穂高温泉駅(13:45)
 鍋平高原登山者用駐車場(14:20)
  所要時間6時間20分  歩行時間5時間10分


7:25 下山の途へ

朝のテント場

テント場も静かになりました
下段はテントもまばらでした
双六小屋泊者も、次の目的地へ、また下山と
早々に出発しているようで、閑散としていました
昨日までの喧騒がうそのようです。


一昨日は見えなかったが

弓折、抜戸、笠ヶ岳

笠ヶ岳までの山々が見通せる
笠ヶ岳までは遠いなあ

さあ、黒百合ベンチ、花見平への上りにかかろう

花見平へ登り返す

この時間の下山者はみなさんのんびり歩き
道を譲られても困るのだが

花を見ながら
最後の展望を楽しみながら登ると

登りあげれば

槍、穂がお出まし
曇り空ながら展望は良好だが

何度も振り返りながら

見おさめ

そろそろ見納め
さようなら、また来ますね~

次第にガスがまいてきた

ガスが広がってきた

槍にもガスが

槍にも雲が

帰りの鏡池もダメ?

花見平で

間もなく雲の中に隠れそう
ボクは仙人になりそう(霞は食えん)

焼岳、乗鞍岳

日が当たりだした焼岳と乗鞍岳、御嶽山
こちらはいい天気かも

8:48 弓折乗越

鏡平小屋が見えてきた

鏡平小屋が見えてきた

上りはしんどかったが下りは早い
歩きやすい道だし、今日はさすがに、すれ違いも少ない

9:20 鏡平小屋
スルーして鏡池へ

そして鏡池
間にあいましたよ、青空はないけど

鏡池で

やっぱりこれですね、これ
見られてよかったよ~

テンションあがって

そんで、やるってもんでしょ

長い下りに備えて
行動食、水分をタップリ摂取して30分休憩

石畳、岩ゴロ帯が続き
9:50 シシウドヶ原

シシウドヶ原で

ザックが肩に食い込むようになって、座り込む


11:05 チボ岩

チボ岩で

眠くなってきちゃったよ

11:50 小池真道口

小池新道口

長い道でした~
ここからは林道歩き

12:03 わさび平小屋

わさび平小屋

お昼になりましたので大休止

まずはトマトをいただきましょう

まずはトマト

よく冷えてうんまいこと

そして、お湯を沸かすのも面倒になり

そうめんをいただきましょ

名物 そうめん をいただきました
冷たくて
わさび平小屋だけに道の向かいの沢で栽培された
生わさびがちょこっとついて最高にうまかったです

が、昼食用のカップラーメン1個、マジックパスタは3個、お持ち帰りでしたよ
HORIさんも
双六まで担ぎ上げた、梨1個、オレンジ1個
ここでおいしくいただきました

さて、まだ長い林道歩きが

長い林道歩き

退屈なんで探し物をしながら

お助け風

ありました
お助け風、と名付けられた風穴
今日は一日曇り空で、ヒンヤリ感はなかったのですが
暑い日には一時の涼、となりそう

13:38 車止めゲート

車止めゲート

ゴールが近づいたかも

そして
今日はこの後
西穂高山荘へ~

新穂高RW

新穂高第一ロープーウェイに乗車~

ん、第一RWだけですよ
2階建の第二RWは乗りrません

駐車場までの標高差は200m近く
もう上る気力もありません

乗車料金400円、手荷物(6キロ以上)100円
ほかにも何人か乗車してました

RWでらくちんして
駐車場へ戻りました

お疲れ様

HORIさん お疲れさまでした、そしてお世話になりました~


憧れの鷲羽岳
北アルプスの真ん中、最深部
また、行きたくなってます。


すっかり長くなってしましました
お付き合いのほどありがとうございました。



そして
ようやく、筋肉痛も癒えて

お片付け

テント、シュラフ、マット等片づけ、今回の山旅も完結。

関連記事
スポンサーサイト

2014-09-20 21:25 : 北アルプス : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
2本の足で歩けるうちに一度は行ってみたい雲ノ平。
ほんの手前のお山まで行かれてたんですね。
山雑誌に出てくるような景色の数々。
楽しませていただきました~。
テントを担いで15キロですか・・・
荷物がどうしても減らせない私は、自炊とはいえ、
駒の小屋泊でこの間、荷物が13キロでした。(^^;
テン泊。憧れだわ~。

鏡池の前でポーズしたくなっちゃう気持ち。
よくわかります~。
私なら、山頂。稜線上。大放出かも。(^O^;
2014-09-22 03:51 : chikoやん URL : 編集
Re: No title
C様 こんばんは。

雲ノ平は遠かった、あと1日欲しかったのが現実
でも、双六から三俣、いや双六岳でも十分楽しめますよ
双六岳までなら一泊でもOK~、北ア やみつきになるよ~。

> テントを担いで15キロですか・・・
 あれやこれやと食糧がおくなってしまうので
 次回は、間違いなく、食事は小屋飯ですよ(笑)
  カレーも美味そうだったし

> 鏡池の前でポーズしたくなっちゃう気持ち。
  鏡池、ダメかと思って下りたら、ね~
 絶景なもんだから、つい(笑)
  人目をを気にしなくなっている自分がコワイ・・・
2014-09-22 22:06 : kazu URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

kazu

Author:kazu
FC2ブログへようこそ!

カウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR