鷲羽岳③(三俣山荘・三俣蓮華岳・双六岳)

  三俣山荘、三俣蓮華岳、双六岳周回


三俣山荘へ

2014/9/14(日)

  鷲羽岳    2924.0m
  三俣蓮華岳 2841.0m
  双六岳    2860.0m


HORIさんを見送り
山頂を楽しむことにしましょ

 本日の行程
  双六池(4:45)-巻道分岐(5:03)~三俣峠(6:20)~三俣山荘(6:50-7:10)
  鷲羽岳(8:25-9:20)~三俣山荘(L)(10:15-10:50)~三俣峠(11:31-11:33)
  三俣蓮華岳(11:48-12:00)~中道分岐(上)(12:41-12:44)~双六岳(13:05-13:20)
  中道分岐(下)(13:50)~雪渓下お花畑(14:00-14:10)~中道分岐(下)(14:20)
  ~双六小屋(14:35)   (HORIさんは水晶岳まで)
     所要時間9時間50分  歩行時間7時間39分


しばらくの間

鷲羽岳山頂で

こんな状態でした

そして
見渡す山並みです

  (画像はクリック℃拡大します)
黒部五郎

黒部五郎岳と後方は加賀白山
なんか黒部五郎は気になってる

ワリモ、水晶岳

手前が割物岳(ワリモ)、後ろに水晶岳(黒岳)
薬師岳からは水晶岳、ワリモ岳も立派だったなあ

そして
裏銀座の山並み

裏銀座の山並み

真砂岳、野口五郎岳、烏帽子岳
さらに後方には針ノ木岳など後立山の山々、やや雲が多いです

ドーンと、でかい薬師岳

薬師岳

手前の稜線が祖父岳
稜線の後方が雲ノ平
4日間の予定では、雲ノ平の端っこだけでも踏んでこようと思っていましたが


そして、槍ヶ岳、穂高連峰

槍、穂

西鎌尾根も長大に見える


山頂にいる今この時を大事にしたい
どの山でもいつもそう思います
まして、只今、北アルプスの真ん中にいるのですから


いつまで見ていても飽きることのない大展望
1時間ほど滞在して、次のお楽しみへ

後ろ髪をひかれながら下山にかかる

三俣山荘へ

ポツンとみえる三俣山荘へ
こんな風景を見ながら歩きたかったのです


下りるのがもったいなく
写真を撮りながら、山並みを眺めながらゆっくりと

ウラシマツツジと

ウラシマツツジの紅葉と水晶、祖父、薬師岳


でも、下山は早い

三俣山荘

ゆっくり下りたつもりでも1時間
10:15 三俣山荘

まだ10時をすぎたところですが
いきますか

三俣山荘の展望食堂から

三俣山荘2階の展望食堂
窓に面したカウンターの特等席で

三俣山荘でラーメン

至福の一杯を
完食しました(笑)

そして
コーヒーもいただきましょ

さらに至福のもう一杯

すべてがプライスレス

立ち去り難く
しばし立ちつくす・・・


よ~し、水汲んで帰ろう~っと

三俣山荘の水場

水源は雪渓
ここの水、、うまいっす
家まで持ち帰りたいくらい、無理だけど

歩いてすぐテント場

三俣山荘テント指定地

ここでテント泊の計画もあったのですが
3日間に変更せざるえなくなり断念
見た目の印象ですが
写真は三俣峠側から

 ハイマツで仕切られているため、何箇所かに点在
 窓を開ければ~ 鷲羽岳が目の前、槍、穂も見える絶好のロケーション
 山荘側は砂地でフラット、上部に行くほど石あり、かつ傾斜がある
 水場 山荘で無料
 トイレ 山荘内のトイレ利用(キレイらしい)
 携帯電話(私のドコモ、圏外でした)
 ※携帯電話(ドコモ)
   鷲羽岳山頂でアンテナ3本 
   メール送受信できましたが、かなり不安定でした

ここはぜひ、泊まってみたいところです(小屋でもテント泊でも)


三俣峠までハイマツのトンネルをくぐったたりして登り返す

11:31 三俣峠

三俣峠から

振り返れば、雲が増えてきた

三俣蓮華岳へ向かう
急登だが距離はない

イワギキョウ

山頂直下に咲いていたイワギキョウ

11:48 三俣蓮華岳

三俣蓮華岳山頂から

ガスがわいてきてしまったよ

双六岳へ向かう

双六岳へ

晴れていれば、ステキな稜線歩きのはずですが

稜線歩き

中道分岐を見送り
13:05 双六岳山頂

双六岳山頂

ハイ、真っ白です
寒いんで下山

岩峰部を過ぎると

広い山頂の下部

だだっ広い山頂部
真っ白、風も冷たい


晴れていれば・・・
こんな絶景のようです

双六岳よりⅡ
(双六小屋HPより)

台地の上から岩場を下りて中道分岐
双六小屋HPに雪渓のお花畑が載っていたので
行ってみます

最後まで残る雪渓のまわりに

チングルマ

チングルマが
まだ咲いててくれました


14:35 双六小屋

テントに戻りコーヒーブレイク

戻った

ちょっとお昼寝などして
17:00ころ 夕食の用意を始めると
HORIさんも無事に帰還、お疲れさまでした


暮れなずむ鷲羽岳、行ってきたね

夕暮れの鷲羽岳


夕食を終えると、HORIさんお疲れのせいか18時過ぎには爆睡
興奮冷めやらぬボクは寝つけず、シュラフから抜け出して外へ
キーンとした空気、見上げれば、昨晩以上の星空
天の川もクッキリ、素晴らしい星空だった

  三日目 鷲羽岳④(下山編)へ

関連記事
スポンサーサイト

2014-09-19 22:20 : 北アルプス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

kazu

Author:kazu
FC2ブログへようこそ!

カウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR